ニュース

【話題まとめ】タイ銀行、仮想通貨関連の子会社設立を認定 他…

読み終わる目安 : 約5分

赤いマーカー=知っておくと良いポイント
青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点

はじめに

こんにちは、おかだです!忙しいあなたでも、このシリーズで仮想通貨の話題を抑えておけば、目まぐるしい仮想通貨の話題についていけますのでぜひチェックしてください!

この記事の3行まとめ
  • タイ銀行が銀行に対して仮想通貨関連の子会社設立を認める!
  • ウォルマートがブロックチェーン技術活用の特許を申請!
  • ビットコンキャッシュ上でのトークン発行が可能に!

タイ、銀行が仮想通貨関連の子会社設立が可能に!?

タイの中央銀行であるタイ銀行は、現地の地方銀行に対して仮想通貨の取引を目的とする子会社の設立を認めたことを明らかにしました。

おかだ
おかだ
タイではこれまで銀行による仮想通貨取引や投資は認められていなかったんだよね!

今回の規制公示によって、次のようなことが可能になりました。

  • デジタルトークンの発行
  • 仮想通貨仲介サービスの提供
  • 仮想通貨関連事業の運営
  • 子会社を通じた仮想通貨の投資

しかし、現状ではすべての銀行やその他の金融機関が仮想通貨を直接取引することは禁止されています。また、仮想通貨関連の子会社がサービスを提供できるのはタイの証券取引委員会(SEC)や保険委員会(OIC)の許可を受けた企業だけとなり、銀行の顧客や一般顧客に対してのサービスの提供は禁じられています

魚住さん
魚住さん
銀行などの金融機関は直接仮想通貨を扱うことはできないけど、投資のアドバイスや提案はしてくれるみたいだよ!

ウォルマートがブロックチェーン活用特許を申請!?

魚住さん
魚住さん
ウォルマートはブロックチェーン技術に積極的で、以前にもブロックチェーン技術を活用した物流システムの特許の申請をしていたよね!

今回の特許申請では、パソコンやウェアラブル端末、ゲーム機などのスマート家電をブロックチェーン上で管理をするための内容が書かれていました。

この特許を取得することで、ウォルマートが展開を目指している無人配送サービスの専用端末での活用や、スマートホーム分野での活用を検討しているとのことです。

おかだ
おかだ
ウォルマートのブロックチェーン技術を活用した新たな事業展開に今後も目が離せませんね〜!

ビットコインキャッシュ上でのトークン発行が可能!?


ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)でのトークンの発行を可能にするプロジェクト「Wormhole」が始動しました。このプロジェクトは、仮想通貨マイニング企業Bitmainの開発者チームが主導しています。

おかだ
おかだ
Wormholeってどんなプロジェクトなの?

Wormholeでは、ビットコインキャッシュのブロックチェーン上でスマートコントラクトやトークンの発行、アプリの起動の実現を目指すと言われています。

魚住さん
魚住さん
イーサリアムにもERC20というプロジェクトがあるよね!wormholeもERC20と同様にプロトコルの実現に向けて開発をしているよ!

また、8月1日にWormhole初のトークン「WormholeCash(WHC)」が取引所 CoinEXに上場しています。Wormholeプロジェクトの始動により、今後は決済以外でも活用されるかもしれません。

魚住さん
魚住さん
WormholeCashには送金手数料が発生しないという特徴もあるみたいだね
おかだ
おかだ
このプロジェクトによってBitcoinCashがどんな活用をされていくのか楽しみだね〜!

ビットコインキャッシュについてわからないかたはこちら↓

あわせて読みたい
【BCH】「自称本物のビットコイン」!?はじめてのビットコインキャッシュ解説ビットコインキャッシュ(BCH)の魅力・メリット・将来性を初心者向けに解説!...

まとめ

  • タイ銀行が現地の銀行に対して仮想通貨関連の子会社設立を認める!
  • ウォルマートがブロックチェーン活用の特許を申請!
  • ビットコンキャッシュ上でのトークン発行が可能に!
おかだ
おかだ
今日も要チェックなニュースがたくさんありましたね〜!
ABOUT ME
岡田 早季
岡田 早季
わかりやすく伝えられるようにがんばりますっ Twitterフォローもおまちしてます!