ニュース

【話題まとめ】テキストメッセージでビットコイン決済が可能に 他…

読み終わる目安 : 約5分

赤いマーカー=知っておくと良いポイント
青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点

はじめに

こんにちは、おかだです!忙しいあなたでも、このシリーズで仮想通貨の話題を抑えておけば、目まぐるしい仮想通貨の話題についていけますのでぜひチェックしてください!

この記事の3行まとめ
  • テキストメッセージでビットコイン決済が可能に!
  • 世界銀行、ブロックチェーンで債券発行へ
  • タイ、新規性施行で50社がライセンス取得に関心!

テキストメッセージでビットコイン決済が可能に!?

アメリカのカルフォルニア州を拠点とする会計ソフトウェアのインテュイット(intuit)社は、テキストメッセージを使ったビットコイン決済に関する技術に関して特許を取得していたことを明らかにしました。

同社は2014年に最初の特許を申請しており、書類には仮装アカウントシステムがどのように携帯電話を使ってユーザー間で資金を移動するかについて詳しく書かれています。

魚住さん
魚住さん
インテュイット社は以前からビットコイン決済のプロセッサ(処理システム)へのアクセスの改善などに力を入れているんだよ!

2014年に会計QuickBooksをリリースした後、決算プラットフォームを開発し続け、最近では国際仮想通貨決済システムを可能とするため、決済プロバイダーVeemと提携しました。

おかだ
おかだ
決済の方法が増えることで、仮想通貨決済がさらに浸透していくといいよね!

世界銀行、ブロックチェーンで債券発行へ!?

世界銀行は、ブロックチェーン技術を用いた新たな債券「bond-i」を発行することを発表しました。この業務はオーストラリア・コモンウェルス銀行(CAB)が担当し、システムはマイクロソフト・アジュールで運用することが明らかになっています。

魚住さん
魚住さん
これにはイーサリアムのプライベートチェーンが使用されるみたいだよ!
おかだ
おかだ
へ〜!ところで「bond-i」にはどんな目的があるの?

「bond-i」には、資金調達や取引を簡単にし、規制監督を強化する目的があります。

債券の具体的な発行時期や規模などはまだ明らかになっていませんが、世界銀行とCABは幅広い投資家と協議を行った後に取引を開始するとのことです。

ブロックチェーンについてわからないかたはこちら↓

あわせて読みたい
とりあえず知りたい方向け「ブロックチェーン超入門」ブロックチェーンを初心者向けに解説!...

タイ、新規制施行で50社がライセンス取得申請!?


タイ証券取引委員会(SEC)は、タイ財務省が新たに制定したイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の新しい規制により、50件のICOプロジェクトがライセンス取得に関心を示してることを明らかにしました。

おかだ
おかだ
ICOとは、資金調達をしたい企業やプロジェクトが独自の仮想通貨(トークン)を発行、販売して資金を調達する手段のことだったよね!
魚住さん
魚住さん
この規制をきっかけにプロジェクトだけではなくて取引所の運営を目指す20社も申請をおこなったんだ

ライセンス交付を希望する企業はタイに登記があることが条件となります。SECから財務省に送られる申請書を元に審査がおこなわれ、申請から約5カ月で免許交付となります。

魚住さん
魚住さん
タイでは先週も仮想通貨関連の子会社設立許可が出たりと、仮想通貨やブロックチェーン技術にとっても友好的なんだ!
おかだ
おかだ
タイから各国に新しい風を吹き込んでほしいね〜!

 

ICOやトークンについてわからないかたはこちら↓

あわせて読みたい
【初心者向け】次世代の資金調達「ICO」と「トークン」をわかりやすく解説ICO、トークンの魅力・用語についてかんたんに解説...

まとめ

  • テキストメッセージでビットコイン決済が可能に!
  • 世界銀行、ブロックチェーンで債券発行へ!
  • タイ、新規性施行で50社がライセンス取得に関心!
おかだ
おかだ
今日も要チェックなニュースばかりでしたね!これからも目が離せませんぞ!
ABOUT ME
岡田 早季
岡田 早季
わかりやすく伝えられるようにがんばりますっ Twitterフォローもおまちしてます!