仮想通貨

【LSK】人気の仮想通貨「LISK」とは?メリットと特徴を初心者向けに解説!

読み終わる目安 : 約6分

赤いマーカー=知っておくと良いポイント
青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点

はじめに

みなさん、仮想通貨の中に「リスク」というアルトコイン銘柄があるのはご存知ですか?

わたしは初めて聞いたときは、なんか恐ろしい名前の通貨だなぁと思いましたが、逆に意味もなく興味を持ちました笑

実はこの通貨の名前のリスクとは、「危険や損失に遭う可能性」という意味の「Risk」ではなく、スペルは「Lisk」ですのでご注意を!

ビットフライヤーや、コインチェックでも取扱のある国内でも人気の銘柄なんですが、現在、時価総額2位の「イーサリアム(Ethereum)」に非常に似ています。

注目の通貨のひとつなので、イーサリアムとの違いや、LISKのメリットを一緒に見ていきましょう!

※こちらの記事は「イーサリアムとは?」の記事を読むと、より理解が深まります↓

あわせて読みたい
【ETH】世界を変える通貨、イーサリアム!ICOも初心者向けかんたん解説イーサリアム(ETH)の魅力・メリット・将来性を初心者向けに解説!...

 

(※各項目へクリックでジャンプできます)

イーサリアムと比較してリスクを知ろう

おかだ
おかだ
最近、仮想通貨取引所のbitFlyerが「LISK」を新たに扱い始めたけど、どんな通貨なの?
魚住さん
魚住さん
前回解説した、イーサリアムに非常に似ているので、比べながら説明するね!

まず、リスク(LISK)とは、複数の国内取引所でも取扱のある人気の通貨で、通貨単位は「LSK」です。

LISKは「プラットフォーム」、「スマートコントラクト」などの幅広い使いみちがあり、同じ性質を持つイーサリアムよりも高性能なポイントがいくつかありますので、これからひとつずつ、解説していきます。

LISKとイーサリアムの共通点

LISKはプラットフォーム

LISKは「アプリケーションをつくるのための土台」になります。アプリのプラットフォームとも言います。LISKを使うと、ブロックチェーン上にアプリケーションを作れます。

魚住さん
魚住さん
まだイーサリアムほどアプリケーションの数はないけれど、もしLISKが普及すればアプリケーションもきっと増えてくるね!

イーサリアムと同じく、アプリのプラットフォームになります。

LISKのスマートコントラクト

LISKにはスマートコントラクトと呼ばれる機能もあります。スマートは日本語で「賢い」、コントラクトは「契約」という意味があります。

スマートコントラクトの機能があれば、「おかださんが100円分のLSKを魚住さんへ送る。魚住さんは、おかださんに150円分のLSKを2年で返す」と言った、「契約」ができます。

ブロックチェーンに契約を記録できるので、不正に書き換えられたりしませんし、虚偽の契約などは行なえません。

そしてスマートコントラクトは、あらゆる契約商品(保険、携帯電話)や、ライセンス所有権など、世の中のさまざまな記録・契約に活用できます。

おかだ
おかだ
スマートコントラクトなら、信頼できるかどうかまだわからない相手とも確実な取引ができるってスゴいよね!

イーサリアムと同じく、スマートコントラクトが魅力です。

LISKのサイドチェーンとは

イーサリアムと同じく、LISKではブロックチェーンの技術が使われていますが、それぞれ違いがあります。

イーサリアムの場合、1つのブロックチェーン上で、アプリケーションをうごかしたり、取引をしたりするんです。

 

一方、LISKでは、1つのメインのブロックチェーンがあり、それに繋がった別のブロックチェーンがあります。これらをサイドチェーンといいます。

 

サイドチェーンとメインのブロックチェーンでは、データの行き来がかんたんにできます。ブロックチェーンが複数あれば、その分取引の処理は快適に行なえますので、手数料が軽減できるなどのメリットがあります。

また、サイドチェーンはメインのブロックチェーンに何かトラブルがあった際の、データの避難先になります。つまり、バックアップをすることもできるので、ただでさえ安全性の高いブロックチェーンのセキュリティが、さらに強固になります。

おかだ
おかだ
手数料も安くて、より安全!逆になんで、すべての仮想通貨がサイドチェーンを使ってないの?
魚住さん
魚住さん
良いことだけ、ってわけではなく、サイドチェーンにはデメリットがあるよ。サイドチェーンがある通貨は、マイニングが難しいんだ。

サイドチェーン機能があると、マイニング難易度がかなり高くなります。そうすると、一部の大手マイニング事業者にマイニングが偏って、ブロックチェーンの本来のメリットである「分散化」が成り立つのかどうか怪しい可能性がある…という指摘があります。

もちろん、今後のマシンの技術革新や、サイドチェーンの進化で改善される可能性もあります。マイニングについて知りたい方はこちら↓

あわせて読みたい
ビットコインが無料!?誰でもわかるマイニング解説マイニングを初心者向けに解説!...

LISKならJavascriptで開発できる

LISKは、「アプリケーションをつくるのための土台」というお話がありましたが、そのLISK向けのアプリケーションをつくる上で、「Javascript」というプログラミング言語の種類で開発が行えます。

この「Javascript」は、開発者さんにとっては非常に馴染み深い、とっつきやすい言語だと言われています。つまり、多くの開発者さんがLISK向けのアプリケーションの開発に参加できます。

開発者さんが増える → アプリの選択肢が充実する → より幅広い用途でLISKを活用できる → LISKの価値が上がる

という可能性が充分に見込めます。

おかだ
おかだ
面白いアプリがたくさん増えたら、リスクに人が集まるね!
魚住さん
魚住さん
ちなみにイーサリアムは「Solidity」という言語で開発されているよ。Javascriptと比較すると、かなりマイナーな言語だね

LISKについてまとめ

この記事のまとめ

・LISKは、アプリケーションをつくるのためのプラットフォームであり、スマートコントラクトの機能がある

・LISKはサイドチェーンを使用することで、よりハッキングに強く、快適なブロックチェーンを実現している

・LISKは、「Javascript」という非常にとっつきやすい言語で開発できるので、開発者が参入しやすいので、アプリケーションの充実が期待できる

おかだ
おかだ
イーサリアムを買ったばかりのわたしにはとても参考になる内容だったよ!リスクの将来がとってもたのしみだね。
魚住さん
魚住さん
リスクは現状、国内取引所だとビットフライヤーで購入できるんだ。興味のある人は、口座開設をおすすめするよ!

リスク(LSK)の購入はこちら↓

bitFlyer

リスク(LSK)を扱う国内取引所はビットフライヤーのみ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で口座開設をする

ABOUT ME
岡田 早季
岡田 早季
わかりやすく伝えられるようにがんばりますっ Twitterフォローもおまちしてます!