仮想通貨

【初心者向け】ウォレットって何?仮想通貨の管理方法の特徴や選び方を解説!

読み終わる目安 : 約5分

赤いマーカー=知っておくと良いポイント
青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点

はじめに

仮想通貨取引を始めたばかりの初心者が見落としがちなのが、仮想通貨の管理です。わたしも取引をはじめた当初は取引所に預けっぱなしにしていました。

でも、取引所におきっぱなしだと様々なリスクがあるんです。たとえば取引所が倒産した場合、大切な資産が0になってしまいます。

また、コインチェック事件のように悪意のあるハッキングによって資産を盗まれてしまう場合もあります。

大切な資産をまもるために、正しい管理方法を見ていきましょう!

仮想通貨のウォレットとは?

魚住さん
魚住さん
おかださんは仮想通貨はどこに保管してる?
おかだ
おかだ
仮想通貨を保管!?ってどういうこと…?取引所で買ったまんまだよ…?
魚住さん
魚住さん
仮想通貨は取引所においておくこともできるけど、自分の「ウォレット」で保管することもできるんだよ。


仮想通貨の管理にはウォレットを使います。

ウォレットとは仮想通貨を入れておくデジタルのお財布のことで、公開鍵秘密鍵の二種類の鍵を持っています。

公開鍵

公開鍵は個人のアドレスを作るもととなる鍵です。銀行で言う、口座番号にあたるものです。

仮想通貨を送金してもらう際にはこの公開鍵を相手に教える必要があります。

もちろん”公開“という名前の通り誰に公開しても大丈夫です!

おかだ
おかだ
銀行も、相手に口座番号をおしえないと送金してもらえないもんね!

秘密鍵

秘密鍵は仮想通貨の所有を証明するものであり、使用することで通貨の移動ができます。

そのため秘密鍵は自分以外には”秘密“にしなければなりません。

ただし、取引所を使って仮想通貨を管理しているユーザーは秘密鍵を見る機会はなく、運営会社が管理しています。

おかだ
おかだ
銀行でいう暗証番号みたいなものだね!絶対に教えちゃダメだよ〜!

ウォレットの種類とその特徴

おかだ
おかだ
ウォレットね〜、取引所選びのときに聞いたことあります!
魚住さん
魚住さん
もちろん、取引所も「ウォレット」をつかってお客さんの仮想通貨を管理してるよ!
おかだ
おかだ
たしか、ウォレットにも種類があったよね?

ウォレットには様々な種類があります。取引所によってウォレットを管理する方法も異るので、自分の使っている取引所の管理方法は事前に調べておくことをオススメします。

今回は代表的な4種類のウォレット管理方法を紹介します。

ホットウォレット


ホットウォレットは常にインターネットに接続されたウォレットです。

メリット

送受金・残高確認が簡単かつ素早く行える

デメリット

ハッカーなどの外部から狙われるリスクがある

コールドウォレット


コールドウォレットはインターネットに接続されていないウォレットです。

メリット

インターネットに接続されていないため安全性が高い

デメリット

送金する際に手間がかかる

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットはコールドウォレットの一種です。公開鍵と秘密鍵の情報をQRコードで紙に印刷し管理します。

メリット

コールドウォレットの中でも特に安全性が高い

デメリット

物理的な紛失の危険性がある(火事、紙の劣化など)

ハードウェアウォレット


ハードウェアウォレットは専用のデバイスを使用するウォレットです。

必要な時にUSBBluetoothなどでパソコンに接続して使用します。接続されていない間はコールドウォレットとなります。

メリット

安全性が高く持ち運びしやすい

デメリット

安いものでも1万円以上の購入費用がかかるので、通貨を高額保有している方向け

おかだ
おかだ
たしかコインチェックがNEMを流出させたのは、NEMをすべてホットウォレットで管理してたからなんだよね!取引所えらびは、ウォレットも重要だね…!

コールドウォレットを利用している仮想通貨取引所↓

あわせて読みたい
【初心者向け】仮想通貨取引所「bitbank」の評判・メリット・特徴などまとめ! 読み終わる目安 : 約4分 赤いマーカー=知っておくと良いポイント 青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点 は...

仮想通貨ウォレットの選び方

おかだ
おかだ
ま〜いろいろあって悩むね!
魚住さん
魚住さん
自分のスタイルにあわせて選んでみよう

ウォレットの管理方法がたくさんあると、はじめての方はどのように管理したら良いか悩んでしまうと思います。そこで、自分がどのようなスタイルで取引しているかを参考に管理方法を決めると良いでしょう。

少額の取引かつ短期保有を目的としている場合

取引金額が少なく、短期保有の方…つまりすぐ売ってしまったり、頻繁に送金する方はホットウォレットでの管理がオススメです。ホットウォレットは送受金がかんたんなので円滑な取引が行えます。

ポイント

取引金額 : 少額

売買頻度 : 高

送金頻度 : 高

→ ホットウォレット

高額な取引、もしくは長期保有を目的としている場合

高額な取引長期保有の方はコールドウォレットでの管理がオススメです。

より安全性の高い管理を求める方はコールドウォレットの中でも、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットでの管理も候補に入れると良いでしょう。

ポイント

取引金額 : 高額

売買頻度 : 長期保有

送金頻度 : 少

→ コールドウォレット

ビジネスとして高額な資金を運用している場合

ヘッジファンドなどのように金融機関クラスの高額の資金を運用している方はカストディアンでの管理がオススメです。

カストディアンとは保管の代理人を意味し、個人での管理よりもさらに高いセキュリティで、委託管理が可能です。

コインベースのように取引所が委託管理を請け負うサービスを行なっている場合もあります。

※ コインベースに関してはこちら

あわせて読みたい
米仮想通貨取引所「コインベース」が日本進出!その特徴・取引銘柄やメリットは? 読み終わる目安 : 約3分 赤いマーカー=知っておくと良いポイント 青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点 は...

まとめ

コインチェック事件を受けて個人での仮想通貨管理の大切さが改めて認識されるようになりました。

今後はより安価なハードウェアウォレットや、個人でも利用しやすい委託管理のサービスが展開されることが予想されます。

自分の取引スタイルを見直して適切な仮想通貨の管理を心がけましょう!

おかだ
おかだ
まだウォレットを開設していない方で、少額取引の方は「Ginco」をおすすめするよ!
Ginco

Ginco公式サイトはこちら

魚住さん
魚住さん
かんたん操作で仮想通貨を管理できる無料のスマホアプリだよ!ぜひチェックしてみてね。
まとめ
  • 仮想通貨はウォレットと呼ばれるデジタルのお財布で管理される
  • ホットウォレットは常にインターネットに接続されたウォレット
  • コールドウォレットはインターネットに接続されていないウォレット
  • コールドウォレットにはペーパーウォレットやハードウェアウォレットなどのよりセキュリティの高い管理方法がある
  • 少額取引の場合ホットウォレット、高額取引の場合コールドウォレット、大量の資産を運用する場合委託管理がオススメ
おかだ
おかだ
ウォレットの知識をつけると、取引所えらびも捗るよ!ぜひみてみてね。
あわせて読みたい
【初心者向け】仮想通貨買うなら絶対に失敗できない「取引所選び」の基本取引所の魅力・メリット・特徴を初心者向けに解説!...
ABOUT ME
岡田 早季
岡田 早季
わかりやすく伝えられるようにがんばりますっ Twitterフォローもおまちしてます!