仮想通貨

【XEM】仮想通貨「NEM」とは?ファンの多いネムの魅力を初心者向けに解説

読み終わる目安 : 約5分

赤いマーカー=知っておくと良いポイント
青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点

はじめに

みなさん、NEMという仮想通貨はご存知ですか?コインチェックから盗難され流出した通貨という意味で、世間一般でも有名な通貨です。

これから仮想通貨をはじめる人にとって、NEMに悪いイメージを持たれてる方は少なくないと思います!

まだご存知ない方には、この記事でNEMとはいったいどんな通貨で、どういうことができるのかを知ってほしいと思います。

(※各項目へクリックでジャンプできます)

コインチェックのNEM(ネム)流出事件

おかだ
おかだ
さっそくだけど、NEMってニュースとかでも良く見たけど、盗まれてたしセキュリティとかが不安なんじゃないの?
魚住さん
魚住さん
コインチェックから、約580億円分のNEMが流出した事件だね。仮想通貨市場最高額の被害がでたあの事件は、NEMではなく取引所側に問題があったんだ。

国内最大手取引所「コインチェック」から、NEMが流出した事件はみなさんの記憶に新しいかと思います。

コインチェックの従業員のPCに、メールを使ってハッカーが攻撃したことで、顧客のNEMがコインチェックから送金されてしまいました。

仮想通貨の保管方法にはいくつか種類があり、コインチェックはセキュリティレベルが低い保管方法を採用していました。

セキュリティレベルが高い保管方法もありますが、コインチェックは技術的にムズかしいということで、ここをおろそかにしていたのです。

他の仮想通貨取引所のように、仮想通貨の保管方法をしっかりと整備していれば、こういった事件は起こらなかったかもしれません。

つまり、コインチェックの流出事件の全容の中で、NEMそのものに落ち度はないのです。

魚住さん
魚住さん
逆に言うと、あれだけの大事件が起きても、NEMの価値は0にならなかったんだ。いずれNEMが成長したら、コインチェック事件でNEMはその強靭性を示したとも言える時が、いつか来るかもしれないね。
おかだ
おかだ
そうやって聞くと、標的にされたNEMを保有していた人は気の毒だね…

この事件をきっかけに、金融庁は取引所に対する規制を高めました。劣悪な環境でわたしたちの仮想通貨を保管する取引所は、金融庁に認可されないようになっています。

わたしたちが安心して仮想通貨を持っていられるように、業界は常に変わっています。

おかだ
おかだ
適切な規制や、適切な法整備で、もっと安心して仮想通貨をたのしめるようになるといいね!

NEM(ネム)とは?

おかだ
おかだ
疑問も解決したところだし、NEMってどんな通貨なのかみてみよう〜!

NEM(ネム)は、「New Economy Movement(新しい経済活動)」の略です。この「新しい経済活動」には、 自由で平等な経済システムをめざす意味が込められています。

通貨の単位はNEMではなく「XEM(ゼム)」なので注意してください。

NEMは、日本人が開発に携わっていることで身近なイメージがある方もいると思います。さっそくですが、NEMの特徴や他の通貨と比較した際のメリットを見ていきましょう。

NEMは決済スピードが速い

NEMは通貨としてお買い物や送金に使うことができますが、その処理速度がはやいんです。仮想通貨は銘柄によって決済スピードが変わりますが、NEMはビットコインの10倍の速度で取引が承認されます。

※ビットコインの場合は約10分おきに取引が承認されブロックが追加されるのに対し、NEMは約1分おきにブロックが生成されるため。

お買い物や送金の処理が速ければ、便利なのでお店や企業で導入されやすいですよね。ちなみに、決済スピードに関しては、前回の記事で紹介したライトコインよりも約2.5倍はやいです。

おかだ
おかだ
お店や企業が導入しやすいってことは、ユーザーが使えるお店も増えるってことだから、将来性が高そうだね!

 NEMはセキュリティが高い

NEMは、「マルチシグ」というセキュリティの仕組みを導入しています。この仕組は、非常に安全性が高いです。

マルチシグは「マルチ」の名の通り、複数の鍵がないとNEMを送金したり、使ったりできない仕組みです。

たとえるなら、ビットコインの保管されている金庫の扉には鍵穴が1つあります。

一方、NEMの保管されている扉には鍵穴が複数あり、そのうち1つの鍵がハッカーによって壊されても、扉は開かないのです。

魚住さん
魚住さん
しっかりした鍵がついてるのに、NEMの保管方法がずさんな状態だったからコインチェック事件が起きたんだ。

NEMはプラットフォーム

NEMは「アプリケーションをつくるのための土台」になります。アプリのプラットフォームとも言います。

NEMを使うと、NEMのブロックチェーン上にアプリケーションを作れます。イーサリアムリスクとイメージはおなじです。

魚住さん
魚住さん
NEMは比較的あとから生まれた仮想通貨だから、他の通貨のいいところはしっかり取り入れているんだ。

NEMはかんたんにトークンを作れる

NEMのプラットフォーム上では、かんたんにトークンをつくることができます

NEMからブロックチェーンのスペースを借りるので、家賃のように手数料はかかりますが、あなただけの仮想通貨をつくることもできますよ。

トークンがわからない方はこちらもあわせてどうぞ↓

あわせて読みたい
【初心者向け】次世代の資金調達「ICO」と「トークン」をわかりやすく解説ICO、トークンの魅力・用語についてかんたんに解説...

NEMの将来性

おかだ
おかだ
NEMはずいぶん高機能な通貨なんですねえ
魚住さん
魚住さん
現時点でも人気のNEMだけれど、実は大型アップデートの予定があるんだ。

NEMは、「カタパルト」を予定しています。カタパルトとはかんたんにいうと、大型アップデートのことです。今後もNEMは、決済スピードをさらに大幅に改善するなど、多くのアップデートを予定しています。

かなり難しく書かれていますが、詳細が気になる方は >>NEM財団公式ブログでチェック

おかだ
おかだ
アップデートが成功すれば、NEMの価格もさらに上がるかもね!

NEMについてまとめ

この記事のまとめ

・コインチェックのNEM流出事件は、取引所に問題があったため、NEMそのものに罪はない

・NEMは決済スピードが早く、マルチシグでセキュリティが高い

・NEMはアプリケーションをつくるためのプラットフォームであり、かんたんにトークン(独自の仮想通貨)を作れる

・NEMは、カタパルトと呼ばれる大型アップデートを予定している

おかだ
おかだ
コインチェック事件の第一印象と全然違った!顔がコワいひとが実はやさしくて数倍うれしかった時の気持ち!
魚住さん
魚住さん
NEMはコミュニティも活発でファンも多いから、イベントなどもたくさん行われているから要チェックだね。

NEM(XEM)の購入はこちら↓

NEMを買うなら手数料が安いZaifがおすすめ

Zaifで口座開設はこちら

ABOUT ME
岡田 早季
岡田 早季
わかりやすく伝えられるようにがんばりますっ Twitterフォローもおまちしてます!